ツイッターがんばってます!
店主のつぶやき
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
OTHERS

花鳥風月通信

自慢のおいしいスパゲティ
高円寺「花鳥風月」の公式ブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
魅惑のスパゲティセット 2




こんにちは。ミキです。
さて今日は、この間の続きのスパゲティセットの説明です。
まず、ランチセットの最初の一皿は、
ガーリックトーストにオリーブ、生ハムが付いていますが、
このパンがまたおいしいし、(ドイツで作られたパンを
九割方焼いて輸入したもの。お店で輪切りにして
自家製のガーリックオイルを塗り、オーダー後に焼き、
焼きたてをお出ししています)
このオリーブも、そんじょそこらのオリーブじゃ
ありません。「このオリーブ、すごく
おいしかったんですけど一体何なんですか?」
と聞かれることがすごく多い一品です。
(このオリーブだけを袋ごと買っていかれる
お客さまもいます。ひなこも大好き)
これは、Olive Marketの“アンチョビグリーン
オリーブ”というもので、初めて食べたときに、
衝撃的においしかったのです。
銀座松屋や、恵比寿三越などのデパートの
食品売り場で買う事もできます。


そしてもちろん、店主のスパゲティは世界一おいしい
(と思っている)し、セットの飲み物も、
全部について詳しく説明できるほど
本当においしいものだけ揃え、どれでも選べるように
しました。(外でランチを食べるとき、コーヒーか
紅茶かだけじゃなく、追加料金でもいいから、
本当に飲みたいものを注文したい、
といつも思っていたので)
この時は、アイスミルクティーを飲んだのですが、
このアイスミルクティー、私は大好きです。
温かい飲み物には砂糖はいれない私ですが、
このアイスミルクティーには、シロップ(これも
手作り)できちんと甘みをつけたほうがおいしい。
本当に、完璧においしい、と毎回感動します。


ただのアイスティーにミルクを入れたものは、
水っぽいぼんやりした味がしますが、
これはストレートでは飲めないほど濃くいれた
紅茶(ミルクティー専用の細かい茶葉)を、
低温殺菌牛乳で割ったもの。
ミルクに負けない紅茶の香りとコク。
これまた初めて飲んだ時、衝撃的においしかった
京都のラ・メランジェの茶葉を使っています。


そして食後のデザートとお茶。
(今回は抹茶のムースと温かいほうじ茶)
ここまで食べてきて、うわ〜、いいセット!
と自分達で感動。
もっと細かく言えば延々とまだ説明できそうだけど
さすがにしつこいのでこれくらいにします。
そんな感じで、「花鳥風月スパゲティセット」には、
店主と私のこだわりと感動をぎゅぎゅっと
詰め込んであるのです。


スパゲティ単品のオーダーをお受けしないのも、
このセットこそがお店の自慢だから、どうか
セットでいただいてほしい、というのもあるし、
こうしてセットという流れを実際に体験してみると、
ただスパゲティだけを食べるのとは違う、
思っている以上の満足感というものが
あると思うのです。
そういう、「わざわざお店で食事をする」という
楽しさを、味わってもらいたかった。
早かったり安かったりはできないけど、
小さいお店だからこそできることがあるので、
それを最大限に生かしたいし、だからこそ
お店をやる楽しみがあるのだと思います。


ああ、分けたのに長くなってしまいました。
スミマセン。写真は、そのときのスパゲティセット。
このミートソースがまた・・・って説明が
したい・・・けどもうやめます。

| お店のこと | 06:58 | - | - |
魅惑のスパゲティセット
 


こんにちは。ミキです。
先週の定休日、雑誌の取材でスパゲティを作ることに
なったので、撮影が終わった後、そのまま自分達の
お昼ごはんもお店で食べることにしました。
スパゲティは、毎日開店前に食べているのですが、
ちゃんとした「花鳥風月スパゲティセット」で
食べるのは久しぶり。
そして、その自分達の作ったスパゲティセットに
感動してしまいました。す、すばらしい。
(すみません。ほんとにすみません)


お店を始めるときに決めていたのが、
「ふつうのランチセットはやらない」ということ。
ふつうとは、料理にミニサラダと普通のコーヒーか
紅茶がついて800円前後、といったもの。
それが悪いわけではもちろんなくて、そういうお店は
たくさんあるから、「ちょっと値段は高くなっても、
ゆっくりしたい休日や、大事な人と過ごしたいときに
間違いなく満足できる、本当においしいランチセット」
を出すお店にしたかったのです。


若い時は安いことが大事だったし、そういうお店が
気楽でいいのだけれど、だんだん年を
重ねてくると、「値段は関係ないから、ちゃんとした
おいしいものを、いい空間でゆっくり食べたい」
という気持ちに変わってきます。そういうときに
必要とされるお店になりたかった。
(そしてたばこが苦手な人の為にも、
ぜひ禁煙であってほしい)
というか、そんなお店が欲しかったけど
なかなか見つからなかったので、
自分達で作ることにしたのです。


そして、来てくださるお客さんも、そういうものを
求めて来ているのを感じるし、だからこそ、
この場所でこの値段でも、こうして続けさせて
もらえたんじゃないかな、と思っています。
一人で本を読みながらゆっくりしたり、
私達と同じくらいの年代の方達が、
お友達や恋人同士で寛いでいたり、
娘さんがお母さまを連れてきてくださったり、
年配のご夫婦がいらっしゃったり。
少ないかもしれないけど、こんなお店にも、
ちゃんと需要があるのだと日々感じています。


さて、長くなってしまったので、ランチセットの
詳しい内容は、続きにします。
写真は、ランチの最初の一皿。
これのことだけで、話すことがたくさん!


| お店のこと | 06:24 | - | - |
忙しいお店
 


こんにちは。ミキです。
先日、平日のランチタイムがすご〜く忙しかったのです。
土日以外は、どちらかといえばお客さんを
待っている時間のほうが長いこのお店ですが、
たまに、こんなこともあります。
なぜなのかとか、5年やっていても全くわかりません。
たぶんこれからもわからないでしょう。
30年やっていたうちの母(私の実家はレストラン)ですら
わからないのですから。水商売ってこういうこと
なんだな〜といつも思います。


でも、こんなとき思うのは、
「お店は、やっぱり忙しくあってこそだなあ」
ということです。私はこのお店が好きだから、
仕事の仕方はいつも変わらないし、
暇なときでもそれなりに楽しく過ごすことができるけど、
たくさんの人で賑わうお店というのは、全く
別物だと感じます。
思い返してみても、お客さんが次々とやってきて
くれて、満席でも待ってくださったり、うまく席が空いて
すべてのお客さんに入っていただくことが
できたりする、そういうとき、
「楽しいなあ」
といつも心から思う。忙しいお店って、大好き。


お客さんはとっても楽しそうに見えるし、
店主は次々と滞りなくオーダーをこなし、
(これも経験がないとなかなかできないと思います。
全くの未経験だと、こういうとき相当お待たせすることに
なるんじゃないでしょうか)
できていくスパゲティを運び、その合間にお水を替えたり
レジを打ったり新しく来たお客さんを案内したり。
そういうことのすべてを、本当に楽しいなあ、と感じます。
そして、本当にうれしい。
ある日は一組しかいなくて、だ、誰か来てください、と
思っていたりするのに、次の日にはこんなふうに怒涛の
忙しさにより、せっかく来てくださった方にも入っていただけ
なかったりすることが、申し訳なかったり、なんで〜!と
思ったりもするのだけど。


でも、お店の忙しさ、というのを経験できるだけでも
有難いことだなあ、といつも思います。
ほんの短い期間で残念ながら終わってしまうお店は、
この楽しさも経験できないままかもしれないから。
絶望的に暇なのと、圧倒的に忙しいのを日々繰り返し、
こうして5年目を迎えられていることが、本当に
うれしいことだと思います。


写真は、スパゲティを作っている店主。
(もちろん、営業時間外です。まかない作り中)
忙しいときものんびりしたときも、
スパゲティのクオリティは同じです。
これもまた、経験がないと難しいことです。




| お店のこと | 06:22 | - | - |
いつの間にか4周年
JUGEMテーマ:起業



こんにちは。ミキです。
花鳥風月も気がついたら4周年。ついに5年目を
迎えることになりました。
去年までは、「もうすぐ1周年か〜」「なんとか2周年!」
「ついに3周年!!」といちいち感極まっていましたが、
今年はつい先日まで4周年のことなど忘れていたほどの
力の抜けっぷりです。それは、お店をやっている
この生活が、やっと「普通」になった
ということなのかもしれません。


お店を始める前は、
「会社員として人に雇われるのでなく、
自分達の力で生活していきたい」
「家族がもっと一緒にいられるようになりたい」
「自分達のやりたい仕事で稼いだ、と思えるお金で
外食したり、旅行に行ったりしたい」
という強い気持ちがありました。
でも、お店を始めてからは、本当に生活していくのが
やっとで、お店で生きていくことは可能なんだろうか、
いつまで続けていくことができるんだろうか、
という不安がいつもあったし、やりたいこと、
買いたいもの、食べたいものをいつも何かしら
我慢しなくてはならない暮らしでした。


でも4周年をいつの間にか迎えて思ったのは、
お店が始まる前に描いていた理想の生活に、
今は普通に到達していたんだなあ、ってこと。
何か大きなきっかけがあった訳でもなくて、
ただ毎日を一生懸命、でも楽しく過ごしていたら、
気がついたらここまで来ていました。
生活の心配はいまのところないし、
買いたいものもある程度買える、
食べたいものも大体食べられる。
旅行だって行ける。


そうしてやっと気楽な気持ちでお店に立っていて、
きっとまたこれから、新しい目標にそれぞれが
向かっていくのだろうな、と感じました。
「自分達(だけ、ではもちろんないけれど)の力で
生活していく」という基盤ができたから、
ここを基地にして、今度こそ本当にやりたかったことを
やっと始められるのだと思います。
5年目は、いろんなことが起こる気がするし、
それがうんと楽しみです。
今日までお店を支えてくださった皆さま、
本当にありがとうございます。
5年目も気楽に楽しく、でも真剣にがんばります!


写真は、お昼のまかないを食べるところ。
ほぼ毎日スパゲティでも、飽きないもんだなぁ〜。
毎回「宇宙一おいしいな〜」と思う。

| お店のこと | 08:23 | - | - |
花鳥風月4周年。
みなさん、いつもありがとうございます。
6/3でいよいよ花鳥風月は開店4周年。本当に早いものです。


振り返ってみると、本当にただただ必死にやってきた4年間でした。
暗闇のトンネルというか、イバラの道というか、息つく暇のない毎日だったように思います。


特に昨年は、いつ最後の日になっても構わない、というくらいの気持ちで真剣に取り組んで、年末にはひとつの達成感のようなものがありました。
だからと言って、特別な何かを手に入れたという訳ではないのですが、ただ毎日一生懸命頑張れたと胸を張れる気持ちをもてたことがなにより良かったように思います。


今年に入ってからは、実はものすごく気楽な気持ちで店に立たせてもらっています。
先の見えない道を抜けて、ちょっと見晴らしの良い高台に来て、なんだかぼーっと遠くの景色を見ているような気分です。まあ一言でいうと、肩の力が抜けてきたっていうことでしょうか。


実は、最近のことですが、食のデザインスクール「レコールバンタン」で講師をさせてもらったりしていて、今後は伝えるお仕事も増やしていけたらなと思ったりしています。
(講義の様子はコチラ


いろいろな意味で、今年は花鳥風月にとって、革新の年になるかと思います。
生まれてからずっとやりかったけどやれなかったことを、死ぬまでの間に全部やってみたいのです。
より自由に、より楽しく、ますます仕事に取り組んでいきたいと思っています。


今後とも花鳥風月と我々一家をよろしくお願い致します。
| お店のこと | 00:16 | - | - |
掃除は感謝



こんにちは。ミキです。
この間吉祥寺でみんなでたのしい休日を
過ごした翌日、朝のお店の掃除をしながら、
新しい気持ちが生まれているのに気がつきました。
それは、お店に対する感謝の気持ち。
お店を始めてから、毎日感謝というものを
学ばされる日々でしたが、それはまず、
やっぱりお客さんに対するものでした。
会社で働いていたら、月々決まった額のお給料を
会社の社長さんから頂くものですが、
自営業って、本当にお客さん一人一人から
少しずつお金を頂いて、それで自分達が生活しています。
最初の頃はもう、本当に今お客さんに頂いたお金を
握って、「よかった〜、これでひなこのおむつが
買えるよ〜」「やった〜!やっとお米が買える〜」
とそのまま買い物に行ったりしていたから、
頂くお金のありがたみが、それまでとは全然違いました。
そんなふうだから、毎日毎日、来て下さったお客さんに、
ありがとうございます!という感謝の気持ちが
自然に生まれてきました。


そして楽しい休日を過ごしているときも、
あのお客さんやあのお客さん達のおかげで、
こんなふうにコーヒーが買えたり
ごはんを食べにいったりできるんだなあ・・・
有難いなあ・・・とお店のお客さんの顔を
思い浮かべながら、感謝の気持ちでいっぱいでした。
そしてふと、この花鳥風月というお店があるおかげで、
私達は生活できているんだなあ、と思ったのです。
私は、このお店が大好き。
定休日でも、夫婦でお店で過ごしたりするほどに。
(なんか落ち着くんです)
そんな仕事場があって、そこで働くことで生きていける
なんて、本当に幸せなことだなあ、と感じて、
掃除をしながら、お店にも感謝していました。
ここで働かせてくれてありがとう、って。
おかげでこうして家族三人、生きていけますって。
そして、そうか、掃除って、感謝と共にするものなんだ、
と気がついたのです。


今年の初めから、「今年は商売繁盛!開運のためには
まず掃除!」という意気込みでせっせと掃除に励んで
きましたが、十ヶ月経った今では、
そんなふうに生まれた感謝の気持ちで
掃除に励んでいます。それがまた、うれしい。
感謝の気持ちって、どこまでも広がっていく
ものなんですね。
写真は、お客さんからいただいたハイビスカスの木。
お水につけておくと・・・





にょきにょき、葉っぱがでてきました!




| お店のこと | 06:56 | - | - |
営業1000日達成!



こんにちは。店主です。
本日は火曜日ですが、お休みを頂いております。
お客様には大変ご迷惑をおかけすることになり、お詫び申し上げます。


今日は何故お休みを頂いているかと言いますと、私の大好きなバンド、radioheadの来日公演なのです!見に行くのは通算4回目、いつも共に見に行く親友とこの後待ち合わせの予定です。


こんな理由で本当に申し訳ないのですが、いつもこの時ばかりは全てを投げ打って見に行ってしまいます。後日ライブレポートも有!乞うご期待。



さてさて、ついこないだの営業後にレジ締めをしていて気づいたのですが、精算レシートに印字されている通し番号を見て思いました。


まもなく営業1000日目!?


ちょっと興奮した私は、PCに残してあるデータを元に、正確に営業日数をカウントしてみました。そうしたら、9月末でジャスト1000日達成していました!!
レシートの数字と食い違っていたのは、多分レジを締め忘れて帰ってしまったことが数回あったのでしょう・・・


いずれにしても、うれしい!そしてありがとう!やった〜
なんか何周年とかよりも、1000回お店に立てたことが素直に嬉しかったです。
来客数は通算約26000名様。9割のお客様がスパゲティを召し上がっていたとしたら、23000食くらい作ったことになります。感動!!


しかしながら、昔のデータを見ていると、風邪ひいて臨時休業とか早じまいとかがすごく多く、月28日営業している月もあれば、20日しか営業していない月があったり・・・なんかグダグダな感じでした。


4年目を迎えて、今までとはまるで違う気持ちでお店に立っています。
どういうことかというと、とにかくきちんと営業することです。
予定されたお休み以外は(今回の休みは一応年間予定に入ってました・・・すみません)絶対に休まないこと。
たとえ地味でも、当たり前の、いつも通りの営業を、1年間しっかりと続けることです。
(ウチの場合は、家族がひとりでも風邪をひくと営業できないこともあるし、とにかく全てが無事でなければなりません。)
それが出来ない内は、結局何をやっても無駄なんです。
この1000回の間に、土台づくり、内固めの大切さを思い知らされたような気がします。


最初の500日くらいは正直苦しみの方が多かったし、500〜800日くらいは、良いことと悪いことが交互にやってくるような感じでした。
でもなんか、900日目くらいから、すべてひっくるめて楽しくなってきたような気がします。


ほんとうに、継続こそ力なりだと思います。
何かを思い立つ、始めてみる、そして続ける。
やっぱり続けるのが一番しんどいです。でも自分が鍛えられるから、面白みを感じるのだと思います。

さて、次は1100日を目指して頑張ります!!
あ、ちなみに写真は営業100日目くらいの「うなだれる店主」です。
(席のレイアウトが違いますね)
おい、しっかりがんばれよ〜

それではまた、水曜日にお会いしましょう!
| お店のこと | 11:40 | - | - |
雨の阿波踊り



こんにちは。ミキです。
雨でしたね・・・。花鳥風月初の屋台も、
雨の影響で売れ行きはほどほど・・・。
でも、雨の中わざわざ買いに来てくださった
お客さま、本当にありがとうございます!
うれしかったです!


さて、日曜日の夜は、営業をお休みして
家族で阿波踊り鑑賞です。雨でしたが、
うちのひなこさんにはそんなこと関係ありません。
浴衣を着るとはりきっていたのです。
(ひなこのいとこが昔着ていたのをいただいた
ミッキー柄の浴衣。本当にかわいいんです・・・)
そうして傘をさしつつ踊りを鑑賞。
雨のため去年よりもずっと人出が少なかったので、
場所も雨の当たらない
お店の軒先に座ることができました。
結構阿波踊り好きなひなこは、ある程度見た後
「雨だしもう行こうか」と言っても、
「まだいかない。もっとみる」
と言ってなかなかうごきません。
ひなこにも阿波踊りってなんか魅力なんだな・・・。


そういう私も(店主も)阿波踊りを見るのは大好き。
去年初めてちゃんと見させてもらったのですが、
すぐ近くで人が踊っている迫力ってすごいですね。
そして、見ているとどうしても泣きそうになります。
踊っている人達は、今日のためにうんと練習を
重ねてきたんだろうなってことを感じるし、
踊りながらすごく楽しそう、うれしそうなのを
見ているとそれだけで泣きそうだし、
それを見ている人達もみんなうれしそうにしているのが
いつもじーんとしてしまうのです。


音楽に合わせて自分も体を動かしている人達や、
コンビニの前でビールや食べ物を売っている
店員さん達や、いろんな家族連れ、友達同士、
恋人同士、一人であっても、
みんなが同じものをみて楽しそうにしている。
そこには、ただ純粋なエネルギーだけがある気がして、
余計なものがなんにもなくて、ただ、みんなが
わくわくした気持ちで一緒にいることがうれしくて、
涙かこぼれそうになる。
阿波踊りやお祭りだけじゃなくて、
いつもいつも、みんながそんな気持ちでいられたら
いいのになあ、と思う。
そんな気持ちにさせてくれるだけでも、
阿波踊りって本当にいいものだなあ、と思います。
来年は、晴れてくれるといいですね。


| お店のこと | 07:08 | - | - |
待合席登場



こんにちは。ミキです。
19日の「おもいっきりいいテレビ」、
ご覧になりましたか。
花鳥風月がばっちり映っていましたね!
でも私は視聴者の相談内容が重すぎて、
「うう・・・く、苦しい〜」と言いながら
早送りで見ていました。(苦しすぎて
ちゃんと見られなかった・・・)
相談者の方、がんばってほしいです。


さてさて、写真にもあるように、お店に
待合ベンチが新しく仲間に加わりました!
買い足したのに、なんだか初めからそこにあった
かのような馴染み具合。これも出合いです。
今まで、満席になると
「すみません、今満席になってしまって・・・」
とお客さんを帰してしまうことが多かったのですが、
その様子を見て、気を使って
さっと帰ってくださる方がいたりして、
結構すぐに席が空いたりすることがよくあったのです。


席がいつ空くか、というのは
なんとも言えないことなのですが、とりあえず、
ここに座って待ちながら考えていただくこともできるし、
待ってでもいいからうちで食事したい、という方なら
待っていただけるのは本当にうれしいことなので、
ここでのんびり、お待ちいただきたいと思います。
(時間が大丈夫な方なら)
今週の初めに届いて、まだ一度も活躍していない
このベンチですが、週末、お役にたてるとうれしいです。
ちなみに今日の花鳥風月は六時からはお店の下の路地で
タコス&ビール屋さんに変身します!
(タコスの皮は店主が夜せっせと焼いた手作り)
このベンチも下におりて活躍予定です。
雨が降らないといいのですが。
夜の二階での営業は
お休みになりますのでご注意ください!
| お店のこと | 07:13 | - | - |
ジンジャーエールのふしぎ



こんにちは。ミキです。
写真はお店の「自家製ジンジャーエール」です。
写真を撮るのも忘れて思わず飲んでしまいました。
私はこれが大好きなのですが、仕込みに手間が
かかる(仕込んでいるのは店主。おろし金で、地味に
しょうがをすりおろして、砂糖とお水とスパイスで煮詰めて
シロップを作っています)のと、
なかなか人気で減るのが早いので
店主に全然飲ませてもらえません。ぶー。
甘すぎず、さわやかで、ぴりっとしており、
夏のほかのお店屋さんでこんなの飲んでみたい、
と思う味。


しかし、このジンジャーエールを、注文したのに
ほとんど飲まず(飲めず?)に残す方が
たまにいるのです。それが、とっても不思議。
残すのは、大体男の人。
市販のジンジャーエールのようなかんじを
想像していて、いざ飲んでみたらそのしょうがの
ぴりっと感(結構のどがぴりぴりします)に
びっくりしてしまうのかなあ・・・。
でもジンジャーってしょうがだしなあ・・・。
ウィルキンソン(くねくねした瓶にはいった、
外国のジンジャーエール)よりはずっと飲みやすいと
思うんだけどなあ・・・。
私は逆に、自家製ジンジャーエールを飲むように
なってから、市販のジンジャーエールが
すごく薄味の飲み物に感じるようになりました。


お店を始めて思ったのが、どんなものも、
結構手作りできるんだなあ・・・ってこと。
にんにくオイルも、オリーブオイルに刻んだ
にんにくをつけておくだけでできるし、ジャムなんて
本当に簡単だし、飲み物だって、アイスコーヒー
なんかも買わなくても自分で作れるし、
果物を使ったソーダも簡単で、
しかも市販の清涼飲料水とは全然違う風味とおいしさが
あります。それは、自分で作ってみてわかる、
「はっ」とするおいしさです。
最後まで、しみじみとおいしく飲める飲み物になります。
私は清涼飲料水はたまにしか飲みませんが、
飲むときでも、いつも飲みきれないのです。
途中から、あんまりおいしくなくなるから。


という訳で、そんな残されたジンジャーエールを
見ていると、「なぜ・・・なぜ・・・」
とはらはらしてしまいます。
でも、うちにきたらこれしか飲まないほど好きな方も
いらっしゃるし、私も店主も本当においしいなーと
思っているものなので、これからもちょっと
どきどきしながら出し続ける予定です。
みなさん、おいしいですよ。
びりっとしているのは、しょうがだからですよ!
そしてそのぴりっとしてるのが、のどにはいいんですよ!
というかほかに飲めない理由があるなら教えてください!
| お店のこと | 07:27 | - | - |