ツイッターがんばってます!
店主のつぶやき
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
OTHERS

花鳥風月通信

自慢のおいしいスパゲティ
高円寺「花鳥風月」の公式ブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
母と私
 


こんにちは。ミキです。
今週は、母が実家から東京に遊びに来てくれて、
一週間滞在していました。
今日、ひなこと一緒に東京駅まで見送って
帰ってきたところです。
あっという間の一週間で、家に帰って、
母がぴかぴかに磨いてくれたやかんや鍋を見ていると、
人がひとりいなくなってしまったさみしさで、
しんみりしてしまいます。
人がただそこにいる、というだけで、いつもの場所が
ほんのりあたたかいものになるんだな、と思います。


私はひなこを実家に帰って産んだのだけど、
生まれる前と生まれてから、合わせてふた月、
滞在していました。
ひなこ父が前日から迎えにきてくれて、
ひなこを東京に連れて帰る日の朝、ふと目を覚ましたら
ふとんにひなこがいませんでした。
部屋を出て、父と母の部屋に行ってみると、
父はもう起きていていなくて、母だけが、窓に面した
ソファに座っていました。
後姿だけど、ひなこを抱っこしているのが分かって、
「おかあさん」と声をかけようとしたそのとき、
母がぐすん、と鼻をすすりました。
顔は見えなくても、泣いているのが分かりました。
赤ちゃんのひなこを見つめながら、
母は静かに泣いていました。
その母の丸まった背中を見ていたら、
苦しくて苦しくて、もう一度自分の布団に戻って
同じように、声をころして泣きました。


地元にずっといる同級生みたいに、親と一緒に住んだり、
そうでなくても近くに住んで、孫の成長をすぐ近くで
見せてあげる生き方だってあるのに、
私はこんなふうに、遠く離れたところで生きていく方を
選んでしまった。
そのことに後悔はないし、一緒に住むことが必ずしも
一番いいわけじゃないかもしれないけど、
そっちを選んであげられなくてごめん、
と思った。ごめんごめんごめん。
繰り返しそう思いながら、たくさん泣いたのを
覚えています。


いろいろ思うこともあるはずなのに、何も言わずに
いつもただ応援してくれる母。性質が違うので、
会えばけんかもするし、いらいらして
しまったりもするのだけど、
結局愛しているし、愛されてる。
私がいつまでも幸福なこどもでいられるのは、
この母がいるからなんだな、と改めて感じました。
写真は、東京駅でお茶をしているときの母とひなこ。
ひなこもがっちり、愛されてる。




| 家族 | 17:53 | - | - |
大事なもの



こんにちは。ミキです。
写真は、傘をさしながら三輪車に乗るひなこです。
ちなみに家の中です。
4月はひなこのお誕生日があるので、店主の両親から
プレゼントのレインコート、長靴、傘の三点セット
(ひなこのリクエスト)が届き、ものすごく
気に入った様子。家の中でもずっと傘をさして
過ごしていました。


その日は定休日だったので、その後みんなで夕ご飯。
「いただきま〜す」と三人で乾杯してごはんを
食べ始めるとき、毎回、心の底から幸せだと思う。
店主は「この瞬間がいちばん幸せ!」と言っているし、
「みんなが健康で、仲良しで、こうやって一緒に
ごはんを食べれる以上の幸せってないね。
感謝しないとね」と言いながら食べる大槻家。
ひなこは元気で何の心配もなく、
どちらの両親からも大事にかわいがられていて、
そのおかげで私達は自分達のやりたい事ができている。


私にも店主にもいろいろな夢があって、
それをちょっとずつ叶えていきたいと思っているし、
みんなで旅行したり、おいしいものを食べにいったり
ひなこの好きな物を買ってあげたりしたいから
お金もどんどん稼ぎたいけど、でも、
まだそれらのものが手に入っていない今でも
ちゃんと幸せだし、それが将来
大きく変わることもないだろう。
どんなに大きな夢が叶って、どんなにお金があっても、
しあわせだと思う瞬間は、きっと今と同じだ。
本当に大切なものは、もう持ってる。


楽しそうなひなこと店主を見ていると、
いつも泣きそうになる。
私にこの幸せをくれたのは誰だろう。
それに値するだけのことを、
私はちゃんとしてるのかな、と思う。
だからこそ、もっともっと、
いい人間になりたいって思う。
この幸せをくれた人に報いるには、
それしかない気がするから。
| 家族 | 06:39 | - | - |
ひなこと実家へ



こんにちは。ミキです。
先週から、父の三回忌でひなこと一緒に
実家に帰っていました。(店主は、残って仕事)
ひなこは気ままに過ごせる実家が大変気に入ったらしく、
「ねえねえ、ずっとここにいる?」
「たのしいの」
と生き生きしており、そのすばらしい食べっぷりに
私の姉夫婦やその息子(10歳)から
「ギャル曽根だ」「いやギャルひなだ」
と囁かれていました。


実家にいる間、母に連れられて温泉に入りに
行ったり(私の実家は温泉町)、
帰ったときはいつも行くすばらしいケーキ屋さんに
行ったり、山奥のおいしいおそば屋さんに行ったり
しているうちに、あっという間にお休みが
終わってしまいました。


何をしていても、「お父さんが一緒ならもっと
よかったのになあ」と思うけど、
父が生きていたら、実家のお店(私の両親は
夫婦でレストランをやっていたのですが、
父の病気でそのまま終わることになってしまったのです)
はまだ続いていて、こんなふうにみんなでいろいろと
遊びに出かけることはできなかったでしょう。
それまでは、実家に帰っても両親は仕事で、
私もひなこも家の中でごろごろしているしか
なかったから。(実家は町外れにあるので、車がないと
どこにも行けない)
だからこんなふうにみんなで出かけられるように
なったのは、父が亡くなってから。
それはさみしいことだけど、父が生きていてくれるのが
一番うれしいけど、今だからこそある時間を、
みんなで楽しく過ごすことが、
父が喜んでくれることなんじゃないかな、と思っています。


写真は、行きの新幹線から見えた富士山。
きれいに見えました!富士山
| 家族 | 06:43 | - | - |