ツイッターがんばってます!
店主のつぶやき
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
OTHERS

花鳥風月通信

自慢のおいしいスパゲティ
高円寺「花鳥風月」の公式ブログ
<< 2007年 10月27日 | main | 2007年 10月31日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ブログについて思うこと
こんにちは。ミキです。
すっかり秋になりましたね。
店主も私も体調を崩し気味です。
(何度か臨時休業してしまいすみません!)
体調管理には気をつけてがんばっていきたいです。


さて、いろんなお客さんのブログで
よく褒めていただいている
花鳥風月ですが、やっぱり、
たまにはいろいろ言われたりします。
納得できることもあれば、
納得いかないこともあります。
ブログって、こわいな〜とそういうとき思います。
こっちは顔も名前も出して、
何かあったら自分達が責任を負う覚悟で
仕事しているのに、言うほうは
名前も名乗らないのに店名ははっきり出したりして。
(でも、誰が書いているかは
こちらには分かるんですよね・・・)
お店の人もそれを読める、
ってことに考えはいかないのか、
それも承知なのか分からないけど、
思いやりがないことだな、と思います。
「お店」というものになると、
そこで働いている人も、自分と同じ普通の人間と
いうふうには思えなくなるみたいです。


それでも、花鳥風月を好きになってくれるお客さんは、
ちゃんと人として接してくれるから思いやりがあるし、
そしてとても素直だなあといつも思います。
こちらが提供したいものや、
どんな気持ちでこのお店をやっているか、
そういうものが、ストレートに通じるんだなあ、
と感じます。そして、
お客さんがお店というものに求めるものと、
こちらがお店というものに必要だと感じているものが
一致しているのだと思います。


例えば、クリーム系のスパゲティを出すとき、
注文したのが女性の方なら、
店主は少しクリームをゆるめに仕上げます。
クリーム系のものは時間がたつと固まってくるので、
女性やお子さんで食べる時間がかかりそうな場合は、
そうしたほうが最後までおいしく食べられるからです。
そしてコーヒーも、ミルクを使われる方には少し濃い目に、
ブラックで飲まれる方には、最後までおいしく飲めるよう
気持ち薄めに淹れています。


そういうことが、何も説明しなくても
感じ取れる人には、花鳥風月は
「すごくすてきなお店」と映るのだろうし、
全然伝わらない人には「よくある普通の店」
にしか感じられないでしょう。
だからひとつのお店をどう感じるかは、
本当は受け取る側の問題でもあると思います。
誰かも言っています。花を見て、美しいと思う。
でも本当に美しいのは、花を見て美しいと思う、
そのひとの心なのだと。


お店って、ただ物を出す、お金をもらうって
いうことだけじゃなくて、お店とお客さんの
エネルギーの交換のように日々感じて
いるのですが、帰るときに、ちゃんと目を見て
「ごちそうさま」と言ってくれるお客さんとは、
たとえあれこれ言葉は交わさなくても、
通じた!と感じます。そして、それが出来る人たちを
とてもすてきだと思う。
そういうすてきな人たちを見られることが、
お店をやっている喜びでもあります。
そういう人たちのために、なんとかお店を続けていきたい。


そのために、いろいろとお店としての
試行錯誤はあると思いますが、
何を言われても、平気です。
花鳥風月でのどんな改革や方針も、
自分たちなりの意味があることだし、
それによってお客さんから何か言われたり、
売上に影響があったとしても、
その責任を負うのも自分たちです。
それに、人として恥ずかしいことは、
何もしてないから。
一番大事なのは、そのことだけだと思ってるから。

| 旧ブログより「傑作選!」・・・お店 | 18:21 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 18:21 | - | - |