ツイッターがんばってます!
店主のつぶやき
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
OTHERS

花鳥風月通信

自慢のおいしいスパゲティ
高円寺「花鳥風月」の公式ブログ
<< 風邪ひいて何思う | main | 朝のお掃除 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お母さんというもの
こんにちは。ミキです。
ひなこを保育園に迎えにいくと、
いつもほかのこどもたちも一緒に
寄ってきてくれます。
そしてわ〜と次々に抱きついてくるので
押しつぶされそうになります。
それは、重いけど、至福。
私はただの「ひなちゃんのママ」なのに、
私も私も、って感じで
ぎゅっと抱きつきにきてくれる。
なんだかただで愛をもらっている気持ち。
小さいこどもの魂は、本当にかわいらしく、
きれいなものだと感じます。


よく、母親というものはこどもに「無償の愛」を
注ぐもの、と言うけれど、ひなこを産んで
思ったのは、「無償の愛」をくれるのは、
赤ちゃん(こども)のほうなんじゃないかってこと。
お母さんだって、いらいらしたり、
つい怒鳴ったり叱ったりしてしまうけど、
それでも赤ちゃんはお母さんに向かってくる。
毎日毎日、「すき」って気持ちをぶつけてくる。
それは、ほかのどんなものよりも人を参らせる。
愛情は無くならない。出し惜しみしなくても、
愛情を相手に注げば注ぐだけ、
どんどん愛は増えていくって教えてくれる。
こどもが大きくなって、そんなにお母さんが
好きだったことを忘れてしまっても、
お母さんのほうはちゃんとこどもがくれた
たくさんの愛情を覚えていて、
それが「無償の愛」と呼ばれるものに
なっているような気がします。


だいぶ前のことだけど、ひなこが生まれて
三ヶ月になったとき、市の保健センターで
行われた「三ヶ月検診」に行きました。
そこにはたくさんの赤ちゃんと、
お母さんがいました。当たり前のことだけど、
すべての赤ちゃんにはお母さんがいて、
たくさんのお母さんが、自分の赤ちゃんを
大事に大事に抱っこしていました。
育児にようやく慣れたかどうかのお母さんが、
泣いている赤ちゃんを
「どうしたの?お腹すいた?」とあやしたり、
お乳をあげながら、「おいしい?もっと飲むかな」
と話しかけたりしている
様子を見ていたら、なんだか
泣きそうになってしまいました。
お母さんって、やさしいなあって。
もしかしたらこの世で一番やさしいのは
お母さんなんじゃないかなって。
なんだか、そこにいるすべての赤ちゃんが
うらやましくなった。


ひなこの寝顔を見ていると、胸が痛くなる。
幸せというよりも、大事すぎて苦しい。
こどもの寝顔は天使みたいってよく聞くけど、
私には、小さい神様にみたいに思える。
静かで、清らかで、心が落ち着く。
悲しいことがあったときも、
ひなこの寝顔を見ていたら、
安心してしくしく泣くことができる。
寝顔を見ながら、いろんなことを思う。
私は今日いいお母さんだったかな。
疲れていらいらしててごめん。
怒っちゃってごめん。
絵本読んでって泣いてたな。
もう遅いからって寝かせちゃったけど、
別に一冊くらい読んであげたらよかった。
もっと、やさしくできたらよかった。


そんなふうに、世界中でたくさんのお母さんが、
こどもの寝顔を見ながらいろんなことを思ってる。
どうして人を殺したらいけないのか、
今なら分かる気がする。どんな人間も、
そんなふうにお母さんが大事に大事に
育ててきたんだもん。毎日毎日、この子が
元気で大きくなりますように、
この子が幸せでありますようにって、
祈りながら。胸を痛くしながら。


「私のお母さんはそんな人じゃない。
やさしくなんかない」っていう人も
いるかもしれない。でも、赤ちゃんというのは、
誰かがミルクをあげて、おむつを替えて、
泣いたら抱っこして、寝るときは
そばについていてあげないと
大きくなれない生き物だから、自分が今
ちゃんと生きているってだけで、
誰かにきちんと愛された証拠だと私は思う。
ひなこを産んで、今まで自分には関係ないと
思っていた人たちの後ろにも、そのお母さんの
存在を感じないわけにはいかなくなった。
そうすると、どんな人も邪険にはできなくなる。
誰でも、そのお母さんにとっては大事なこどもだから。


こどもを産むことが誰にとっても
すばらしいとは言い切れないけど、
私にとっては、ひなこを産んだこと、
ひなこがうちに来てくれたことは、
たくさんの学びを与えてくれた、すばらしいこと。
こどもがいるって、ままならないことが
すっごくあるけど、
幸せで泣ける瞬間も同じくらいある。
本当に大事なものが何かってことが、
分かりやすくなる気がするのです。



| 旧ブログより「傑作選!」・・・思ったこと | 06:52 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 06:52 | - | - |