ツイッターがんばってます!
店主のつぶやき
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
OTHERS

花鳥風月通信

自慢のおいしいスパゲティ
高円寺「花鳥風月」の公式ブログ
<< 2007年 3月13日 | main | 一年たちました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
辰巳芳子さんの言葉
こんにちは。ミキです。
先日NHkで料理家の辰巳芳子さんの
特集をやっていたので、
録画して見てみました。素晴らしかった・・・。
私は料理をきちんと習ったことがないので、
一から勉強するようなつもりで
買ったのが辰巳さんの本でした。
料理のレシピもすごくおいしくできるのですが、
何より彼女の文章がすばらしい。
料理そのものだけでなく、料理をすることの意味を、
時には厳しく、かつ愛情をもって教えてくれます。
 

私が持っている「手しおにかけた私の料理」の
『だし』の項では、


『一日が十日、十日が百日、一年が十年、
十年が一生。化学だしで食べる人と、
かりに味はそこそこでもしっかり自然のだしから
つくったものを食べた人の生涯を比べてみて下さい。
日本のだしは、何の難しいことも、
手間らしい手間もかかりません。
諸外国のスープと比べれば、
即席に準じてひけるものです。
ですから、時代の中で、自己実現を志す方々は、
男も女もだしくらいはひける人に
なっていただきたい。
段取りよく、計画的にだしを用意し、
何時なんどきでも使いこなせる程の人間でなければ、
自己実現など夢の夢。砂上の楼閣に終わるかも
しれません。そういう時代がくるように感じます』


その通りです・・・。本当に。
「忙しい人のための料理」って、よく即席だしや
電子レンジでの調理が紹介されているけど、
私はそれがあまり好きじゃなく、
それがなぜかうまく説明できなかったのですが、
これだー、と思いました。
料理は毎日のことだから大変なんだけど、
ただ料理が出来上がればいいって
訳ではない気がする。
食べることは生きること。それをおろそかにするのは
生きることを雑に扱うことのような気がしてしまう。
料理は一生のこと。
だったら覚悟を決めて、心してとりかからなくては。

料理ができるということは、
自分と、自分の周りにいる人たちを
生かすことができるということ。
だしをとるのが面倒に感じるときもあるけど、
そんなふうには全く感じなくなるほど、
毎日顔を洗うのと同じくらい、当たり前の、
日常の一部になっていくといいな、と思いながら、
今日もせっせとだしをとっています。
辰巳さんの言葉を励みにしながら。


『何事を為すにも、成し遂げるためには、
いくらか自分を励まさなければなりません。
仕事は手につけば、面倒であったものが
面倒でなくなるときがくるものです。
あるいは、人により一生面倒を感じるかもしれません。
それはそれでよいと思います。
そういう自分を受け入れて、
為すべきことをいたしましょう。
それは楽々なさる方より、
もっと尊いことだと思います』
(同じく「手しおにかけた私の料理」より抜粋)

| 旧ブログより「傑作選!」・・・思ったこと | 19:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:46 | - | - |