ツイッターがんばってます!
店主のつぶやき
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
OTHERS

花鳥風月通信

自慢のおいしいスパゲティ
高円寺「花鳥風月」の公式ブログ
<< フレッシュプラムソーダ! | main | 7/17 詩のライブ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
こどもはみんな



こんにちは。ミキです。
子どもを産んでみて思うことですが、
子どもはみんな、明るく、やさしく、
いつも笑っていて、とても幸せそうです。
もちろん、泣いたり怒ったりもしょっちゅう
ですが、基本的に笑ってる。
朝起きた瞬間から、にこにこしています。
そしてその笑顔は、こどもの気持ちそのままで、
うそがなく、きらきらしています。
周りの人間を幸せにしてくれる笑顔です。


いつか、ひなこが生まれて間もない頃、
ひなこを連れてスーパーに行ったら、
言い方は悪いけれど、ちょっと時代遅れの
ジャンパースカートをはいて、
化粧っ気のない、でっぷり太った
いかにも「おばさん」といった感じの女の人に向かって、
小さな男の子が
「ママ〜!」とうれしそうに抱きついているのを
見ました。
それを見て、そうか〜、子どもにとっては、
どんな母親であっても、「お母さん」が
一番好きな人なんだな、と
思ったのを覚えています。


子どものお世話なんて全然得意じゃない、
いつも怒ってばっかりになってしまうこんな私だって、
ひなこは毎日毎日くっついて、
「おかーさん、すき!」
「まいにちまいにちま〜いにち、すきだよ!」
と言ってくれる。
こどもは本当に、ただ、お母さんが大好きで、
お母さんと一緒なら幸せで、お母さんにやさしくされたい、
お母さんが幸せならうれしい、そういう生き物なんだなー
と感じます。
本当の「愛」ってどういうものか、
身をもって教えてくれます。
でも、この期間もいつかは終わって、
子どもは子どもの人生を歩み始めるのですが。
いつまでたっても子離れできない親、というのも、
子どもは大きくなって変わっていくのに、
小さな頃に子どもから受けたストレートな愛情を
忘れられないんだろうな、と思います。


そんな、ただお母さんと一緒にいられればうれしい、
いつも楽しそうに笑っているこどもが、
大きくなってから、無差別な殺人を起こしたり、
うつ病になったりする。
そこに至ってしまうまでに、どれほどのことが
あったんだろう、と思ってしまう。
生まれたときはきっと、どんな人でもあんなふうに
きらきらした笑顔でいたはずなのに。
そのきれいで柔らかい心が、一体どんな目に
あったんだろう、どれほどの失望と絶望を
繰り返したんだろう、と想像すると苦しい。
ただ、子どもを愛してあげたら、
子どもはしあわせに、健康な心で育っていく。
そういう力を持っているはずなのに。


どうか世界中のこどもが、きちんと
愛されていますように。
ただそれだけで、
世界はもっとすばらしいものになる。


写真は、ひなこがくれたどくだみを生けたもの。
なかなか言うことを聞かないひなこに私が
怒ってしまったあと、
「おかあさんよろこぶかなっておもって」
と、道端に咲いているのを折って持ってきてくれました。
こどもはやさしい。どんな子でもみんな。




| 子ども | 07:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 07:08 | - | - |