ツイッターがんばってます!
店主のつぶやき
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
OTHERS

花鳥風月通信

自慢のおいしいスパゲティ
高円寺「花鳥風月」の公式ブログ
<< ひなこがすき | main | ひなこ日記 2009年 3月27日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
おはようメールNo.11
JUGEMテーマ:自己実現
 
今回は、フィギュアスケート浅田真央選手のお話です。

だいぶ前になりますが、ある大会がテレビで放映されていました。
1日目と2日目の演技の合計点で順位が決まるのですが、初日の演技ではジャンプが思うように決まらず、いきなり優勝圏外となってしまいました。
理由はわかりませんが、素人の目で見ても、確かに動きにキレがなかったように感じました。
 
そして、初日の演技を終えた真央選手がインタビューを受けていました。
レポーターが「一位の選手とだいぶ離されてしまいましたが、今日の演技を終えて感想は?」というようなことを質問していました。
 
優勝候補の真央選手にすれば、キツイ質問です。
しかし彼女は、「・・・よかったです」と答えたのです。
レポーターも一瞬「???」って感じでした。
「演技に精細さを欠いていたのでは?」と聞かれても
「満足しています。頑張ります」と答える彼女。
 
一見とんちんかんで、苦しさがにじんでいるように見えた真央選手ですが、僕はここに究極のポジティブ思考を感じました。
 
とにかく物事を「いいようにしか考えない」のです。100%悪い状況に思えても、「よかった」と言ってしまうことによって、「よかったことにしてしまう」のです。
本人が「よかった」というのであればそれは「よかった」ことにしかなりません。
レポーターの、悪いところを拾い上げて質問する姿勢とは正反対だなと思いました。
 
そして2日目の演技では、見事復活!2日目だけではトップで、総合成績は3位にまで追い上げていました。
そして最後に彼女が言った言葉は、「よくない中ではよかったです!」と満面の笑み。
思わず拍手!パチパチパチ!!
本当にスゴイ高校生です。見習うべきところが多いですね。
| 「おはようメール」バックナンバー | 07:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 07:30 | - | - |