ツイッターがんばってます!
店主のつぶやき
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
OTHERS

花鳥風月通信

自慢のおいしいスパゲティ
高円寺「花鳥風月」の公式ブログ
<< ひなこ日記 2009年 5月11日 | main | 3年ぶりの復活!スパゲティ教室8月生募集! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「カフェの学校」始まります!
テーマ:起業


こんにちは。ミキです。
先週から「小さなカフェの学校」の募集を始めました。
お客さまから「すてきなお店ですね〜」と
よくほめていただく花鳥風月ですが、そのお店が
どんなふうにできたか、そしてどうやって続けてきたか、
表面だけでは分からないいろいろな内側のことを、
店主がすべてお教えいたします。


以前からお話していることですが、
高円寺にお店を持って驚いたのが、周りのお店の
入れ替わりの激しさです。無くなっていくお店が
あまりにも多いので、途中から手帳にメモし始めました。
すると、私たちがここでお店をやっている4年間で、
飲食店だけで50近くのお店が閉店していきました。
(北口方面だけで。同じ場所で、
2店も3店も変わっては閉店していくのもよく見ます)
頭の良さそうな、スーツをきちんと着た大きな会社の
人達が、マーケティングに来て一日通行量を調べ、
たくさんの社員やアルバイトに立派な研修をして
始めたお店が、一年足らずで閉店していくのも見ています。
今では店主は、最初にお店ができた時点で、そのお店が
続くかどうか、どれくらいで終わってしまうかが
なんとなく分かるそうです。


そんな中、商店街の二階にある、お客さんにしょっちゅう
「分かりにくいですね〜」「探しました・・・」
と言われる小さなお店が、なぜ
今まで続けてこられたのか。
店主なんて、特に修行もしていないし、
私だってただのふつーの奥さんです。
そんな世間知らずな夫婦が、生まれたばかりの
娘を育てつつ始めたお店が今でも続けられているのは、
私たちが始める前から持っていた信念や志、
お店には、こういうものが必要だ!と思う感覚が、
間違いじゃなかったんじゃないかな、
と思うようになりました。


たとえどんなお店でも、無くなっていくのを見るのは
悲しいです。店主と私の夢は、人々が明るく楽しく
暮らしていける街をつくること。そのためには、
いいお店は不可欠です。たくさんの飲食店がありますが、
人を幸せにできる、人に本当に必要とされるお店は
まだまだ少ないと感じています。
経営なんて何にも分かっていなかった私たちが、
4年間、あれこれ試行錯誤しながら培ってきた
「お店を続けていく方法」を、今度はみなさんに
教えていくことで、いいお店が世の中にどんどん
増えていくことが、今の私たちの願いです。


始めることは、資金とマニュアル本があれば
誰でもできます。
でも、大切なのは続けていくこと。それで生活していくこと。
お店を持ってからが、本当の仕事の始まりです。
無くなっていくお店の多さを見ても、お店は
持ったからといってなんとなく続けていけるような
簡単なものではありません。毎日が
試行錯誤の繰り返しです。でもその分、
毎日を真剣に生きることができます。
その大変さ、その楽しさも含めて、店主があれこれ
しゃべります。本当によくしゃべります。
でも何でも答えるし、基本が前向きなので、
話を聞いてるだけでなんだかやたらと
やる気が出てきますよ。
カフェをやりたい、という人でなくても、
カフェをやっている人の話が聞きたい、自営業で
生きてる人達ってどうやって生活してるんだろう、
などなど、興味本位での参加ももちろん歓迎です!


写真は、花鳥風月店内です。
外から見たのとギャップがあるらしく、
初めて入って来たお客さまがよく
「わぁ〜!」と言ってくださいます。
ここでお店のおいしい飲み物などを
飲みつつ、一緒に勉強しましょう。
| 「小さなカフェの学校」(オフィス花鳥風月) | 06:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 06:28 | - | - |