ツイッターがんばってます!
店主のつぶやき
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
OTHERS

花鳥風月通信

自慢のおいしいスパゲティ
高円寺「花鳥風月」の公式ブログ
<< ひなこ日記 2009年 6月1日 | main | ひなこ日記 2009年 6月2日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
カフェをやってもやらなくても

JUGEMテーマ:起業


こんにちは。ミキです。
おかげさまで、カフェ講座がご好評いただいている
ようです。今はカフェとしての営業はほとんどお昼の
ランチのみで、夜はカフェ講座が主流になってきました。
何より生徒さんが楽しそうに話を聞いてくれること、
講座を受けて、やる気を出して帰ってくれることが
店主は本当にうれしいそうです。


しかし「カフェ講座」と言っても、やりたい、
という方すべてにカフェ開業をお勧めしている
訳ではありません。
その人がやりたいと思っていることが本当にカフェなのか、
本当はもっとやりたいこと、向いていることが
あるんじゃないのか、そういうアドバイスも含めての
カフェ講座です。
先日、カフェ関連の専門学校の方に聞いたのですが、
こんな時代、多くの人が将来に不安を持って、
手に職をつけよう、といった感じでカフェを開業される
そうですが、7割のお店が潰れるそうです。
7割、ってすごくないですか。
自分で作ったお店が潰れるって、本当にショックだと
思います。お店を持つ、ということだけでもたくさんの
お金がかかるし、たとえお客さんが来なくても、
毎日毎日、どんどんお金が出て行く商売です。
ちょっとやってみたい、くらいでは、
自分も苦しむし、まわりの人にも迷惑をかけることに
なってしまいます。(結局家族からお金を
借りなければならなくなったりするので)


そして、今まで自分がお客として、のんびり
好きに使っていたカフェという空間を自分が
運営するということは、その反対側に回る、ということ。
よくテレビで特集されている、脱サラして
お店をオープンする中年サラリーマンの姿を見ていて
思うのは、今までこの人は、お店でどんなふうに
お金を払ってきたのかな、ということ。
毎日行くお蕎麦屋さんで、レジでは同僚とあれこれ
しゃべりながら、受け皿にお金を投げるように
払ったりしてこなかったかな、ということ。
お店をやるってことは、今度は自分がそれをされるかも
しれないということです。
カフェラテや、自家製ケーキや、自分の好きな音楽や、
ゆったりしたソファや、そういうものにきれいに
コーティングされているけど、カフェを、「街の喫茶店」
「夫婦でやっている食堂」に置き換えてみたら
もう少し現実的になると思います。
仕事の内容は、ほとんど同じだから。
それを、本当にやりたいのかどうかです。


そういう、甘くない現実も踏まえて、それでも
やりたい、という方には、店主が真剣にアドバイスするし、
お店のことについて一緒に考えていきたいと
思っています。コーヒーひとつ出すにしても、
豆はどこから仕入れるのか、淹れ方はマシンなのか
ハンドドリップなのか、カップは、カトラリーは、
砂糖は、ミルクは、と、考えなくてはならないことが
たくさんあります。そして、そのすべてに心意気が
感じられなければ、お店として残っていくのは
難しい時代だと思います。
それでも、素敵なお店は世の中に絶対に必要だし、
自分がその役を担いたい、と思える方には
ぜひ、すてきなお店を作ってもらいたい。
もちろん、カフェをやっていて楽しいこと、
うれしいこと、やっていてよかった、と思えることも
たくさんたくさんあります。
カフェをやってもやらなくても、店主の講座を受けて、
自分の将来について真剣に考える、いい機会に
なればいいな、と願っています。


写真は、チキンのトマトクリームソース。
おいしい。本当に本当においしい。でも、
おいしいだけでも大丈夫な訳じゃないという
カフェ業界です。



 
| 「小さなカフェの学校」(オフィス花鳥風月) | 06:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 06:39 | - | - |