ツイッターがんばってます!
店主のつぶやき
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
OTHERS

花鳥風月通信

自慢のおいしいスパゲティ
高円寺「花鳥風月」の公式ブログ
<< 元気になりました | main | ひなこ日記 2009年 11月5日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
雑誌の取材がありました
 


こんにちは。ミキです。
先日、旭屋出版さんの取材がありました。
今回は、「フードにこだわりのあるカフェ」という
切り口での記事になるようです。
スパゲティを三種ほど作り、調理の道具や
食器、食材などを撮影していただきました。


撮影の間に、今度掲載される雑誌の前号を
見せていただいたのですが、(ちなみにすごく
すてきな雑誌!読んでいたらほしくなりました)
そこに、私も行ったことはないけど名前だけは
知っている、という有名な老舗のカフェの記事が
掲載されていました。
そこには、お店で出されるトーストについての
こだわりが、細かく書かれていました。


パンの種類(自家製だそう)、パンを切る厚さ、
焼き方、バターを先に塗って出すのはなぜかなど、
読みながら、「分かる〜分かります〜」と
ほんの5年やっただけの私達が、老舗のカフェに
対して失礼かもしれませんが、
思いっきり共感してしまいました。


こんな風に、お店というのは、
「まず、基本の普通のメニューがきちんとおいしい」
ということが、一番大事なことのように思うのです。
(実際このお店の方もそう言っておられました)
フードのメニューも、トッピングや組み合わせを
変えればいくらでも種類は増やせるし、
ドリンクもフレーバーシロップなどを使えば
無限にアレンジできます。
でも、花鳥風月でそんなに飲み物のバリエーションを
増やさなかったのは、「基本のコーヒーや紅茶を、
本当においしく出したい」と思ったからです。
そこそこおいしいたくさんのドリンクより、
圧倒的においしい基本のドリンクを出したかった。


お客さんに気づかれるか気づかれないか分からない
ようなこだわりでも、それはお店の軸であって、
それがあるから、お客さんになぜかは分からなくても
何か感動を与えられるような気がするのです。
ああ、この老舗のカフェに行ってみたいです。
そして、きっと抜群においしいだろうここの
コーヒーとトーストを食べてみたい。


写真は、撮影風景。
旭屋出版の方は、いつも礼儀正しくて、時間も
きっちり守ってくださるので助かります。




| つれづれ日記 | 06:10 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 06:10 | - | - |